フォトブックの特徴

フォトブックの特徴は、自由度が高いことです。ブックサイズは数種類の大きさが用意されていますし、ブックタイプはしっかりとしたタイプやカジュアルなタイプから選べます。ページ数も自由に設定できるので、印刷したくない写真を無理に入れたり、印刷したい写真が選べないといったことがありません。

さまざまなサイズが選べる

スマートフォンやデジカメで撮った写真を形にして保管するには、とても便利なフォトブック。子供の出産から大きくなっていく写真を詰め込んだ成長記録として。卒園・卒業式での記念として。結婚式での新郎新婦へ…

複数のブックタイプが用意されている

ハードカバータイプは表紙が本文より少し大きめの厚紙でできており、しっかりした製本になっています。市販の写真集などでもよく見かけるタイプですね。耐久性に優れていますので、長く大切にしたいアルバムには…

ページ数が選べる

フォトブックの作成を依頼するときには、サイズやページ数を自由に決めていけます。もちろん本の形にするため、製本上の限界はあります。数千ページという作品は作れなくても仕方ありませんが、100ページを超…

フォトブックは手間なく作れる時代

フォトブックはパソコンを使わなくても、スマホだけで作る事も出来ます。自動レイアウト機能などがあるタイプもあるので、手間なく作る事が出来ます。

フォトブックの作り方

フォトブックは、誰でも簡単に作れます。業者によって、作成方法は少し異なりますが、印刷したい写真データとインターネットに接続できる環境さえあれば、手軽に立派なフォトブックが作成できます。撮りためた写真データを集めて、プリント業者のサイトにアクセスしましょう。

印刷する写真を選ぶ

レイアウトを決める

注文を確定する

理想のフォトブックを作ってもらいましょう

フォトブック作成業者にお願いをするときは、できるだけこちらのニーズに合わせたものを作ってくれる、優秀な業者を探すようにしましょう。口コミ情報などを前もって確認し、信頼と実績のある業者をピックアップしたうえで声をかけるのが妥当です。まずは、どんなデザインのフォトブックを作ってもらいたいと感じているのかを、先に伝えます。その上で、お互いに相談しあい、時間をかけてデザインしていくのが基本的な流れでしょう。また、利用する素材や大きさなどによっても、値段が大きく異なってきます。こちらの予算を前もって伝えて、その予算内で作ってもらうことが可能かどうか、そこも高めることが大事です。予算オーバーにならないよう、調整しましょう。

利用する写真も見せておいた方が良い

もうすでに、フォトブックに入れる写真が分かっているなら、その写真を見せておくことをおすすめします。写真のサイズによって、作るべきフォトブックのサイズなども変わってくるからです。とにかく方向性が定まれば、作成業者もどのようなフォトブックをこちらに提供すれば良いのか、わかるようになるでしょう。スムーズに作成を進めてもらうためにも、必要な情報は全てこちらから提供することが大切です。完全なオーダーメイド作品になるため、返品が難しいものが多いですが、だからこそ慎重に作る必要があります。せっかくの思い出部深い写真をしまう大切な冊子ですから、ぜひとも細部にまでこだわり、妥協せずに作るよう心がけておきましょう。